車で出かけているけど鉄分補給

というわけで「西日本萌え奇行」の2日目は、浜大津の宿を出て「しげぴん号」に乗り、大津インターから名神高速を西へ進みます。中国道に入ると関西エリアの渋滞の名所・宝塚トンネルがあり*1、シルバーウィークということで渋滞が懸念されましたが渋滞はなく、いつの間にか田園風景が広がっていたのでした。佐用JCTから鳥取道に入り途中から国道373号線を走って、第一目的地に到着しました。

智頭急行恋山形駅でした。前回の「西日本萌え奇行2014」の時に鉄むすスタンプラリーのために佐用〜智頭間で乗っていますが、その時は往復するのが精いっぱいだったので、今回は「しげぴん号」の機動力を生かして訪問した次第です。恋愛成就の駅として若い女性に人気があるようで、「駅長さん」が訪れた時も先客のお姉さんたちが写真を撮っていたのでした。

駅全体がピンクに彩られている中に、鉄道むすめの宮本えりおさんがいます。駅の入り口には「恋ポスト」なるものがあり、週に一度(月曜日)に回収してここだけの消印を押して郵送してくれるとのこと。

スマホの時刻表を見たらスーパーはくと3号と6号の時間が近かったので、待っているとまず6号がやってきて停車し、そのすぐ後に3号が駆け抜けて行ったのでした。
(というわけで、続きはのちほど)(10月25日、続きを追加しました)

続いて、国道373号→53号→482号と走り、若桜鉄道の隼駅に来ました。無人駅とはいえ趣のある木造駅舎があるローカル線の駅ですが…、

…こういう感じになっていま(笑)。「鉄道ファンとライダーの聖地」と謳っていますが、ライダーというのはバイクの「隼(スズキ)」を指しています。合わせて「隼さくら」さんをイメージキャラクターに据えています。バイク雑誌に紹介されたことで隼乗りの聖地になり、毎年8月には隼駅祭りがメーカーであるスズキも協賛して行われているそうです。この日も、隼に乗ったライダーがツーリングで来ていたのでした。

駅構内には北陸鉄道から来たED30型機関車とJR四国でムーンライト四国で活躍していたオロ12形客車がいて、オロ12の方はライダーハウスとして宿泊できるようになっています(要事前申し込みっぽいです)

*1:関東でいえば東名の大和トンネルみたいなところ

後半は鳥取エリアのネタ拾い

(大変長らく更新間隔が空きましたが、このエントリーは、年が変わって2017年5月15日にアップしました)
 
若桜鉄道の隼駅を後にして、県道をひた走り鳥取市内に入りました。次の目的地は鳥取が誇るコーヒーショップ、すなば珈琲です。ちょっと前にスタバが無いからと出店したすなば珈琲ですが、調べたら鳥取駅前の旗艦店だけでなく、鳥取空港や郊外の計5店もあります。今回のお出かけで訪れたのは国府万葉の館店で、鳥取市の南部になります。隼駅から行くのに一番近かったのと、鳥取の駅前だと駐車場の心配があったので、あえてこちらにした次第です。元々は地元の交流館的な施設みたいでしたが、食堂部分がすなば珈琲として活用されています。お昼はホットサンドとコーヒー(大)を頼んだのでした。

続いて県道をひた走り、倉吉市に入ります。倉吉市は「ひなビタ♪」の舞台として大いに盛り上がっている所であります。というわけで、ティーランウンジ・ダイアナという喫茶店でコラボメニューのちくわパフェを食べようと思いきや、日曜日が定休日だったという大トラップ*1に嵌ってしまったのでした。
  
気を取り直して、倉吉の白壁土蔵群を見て回ることに。町中のそこかしこにひなビタ♪の幟旗やら等身大POPが立っています。とはいえ、何やら町中がただならぬ雰囲気になっています。まるでパレードでも来るかのような人だかりと、物々しい警備の警察官が普段の日曜日との違いを醸し出しています。もちろん「駅長さん」も職質に合うことに(笑)。「どうしました〜?」て言われて「えぇ、ひなビタ♪の舞台訪問に来てまして」と言えるほどハートは強くないので、無難に「観光に来てます」と答えると、「このあと規制かかるんで気を付けてくださいね」と言われたのでした。そこから小一時間ほどたち、まるで某JRの「まもなく運転再開」ばりに今か今かと待っていると、ようやくSPに囲まれて佳子さまがやってきました。どうやら倉吉で何かの大会があって、その来賓として訪れたようです。で、無事に佳子さまの訪問は終わったものの、その時点で17時を過ぎてしまい街としては店じまいモードに入ってしまったのでした。
 
引き続き「しげぴん号」を西に走らせます。国道9号から山陰道(無料区間)に入り、琴浦PAで一休みです。琴浦町と言えば「琴浦さん」というわけで、物産館の館内に4コマのパネルとコラボした原付ナンバーのレプリカが展示されています。とはいえ、放送からもう3年半以上(旅行日現在)経っているんですけどね…。それでもまだこうやって残っていることが奇跡なのか、地元の琴浦さん愛なのかといった感じですね。
この時点で18時を過ぎ、今日の最終目的地の松江温泉まで行かないとお布団にありつけません。再び山陰道から国道9号線を通り、松江温泉に投宿したのでした。

*1:それは下調べをしない方が悪い

京の都でスタンプラリーと鉄分補給


名神高速をさらに西に進み、京都手前の大津インターで高速を降ります。そこから数分で京阪電車浜大津駅に到着です。近くの市営駐車場に「しげぴん」号を止め、h魔大津駅で京阪大津線京都市営地下鉄の1日乗車券とパーク&ライドの駐車券を買い求め、京都市内に向かいます。京津線の電車が太秦天神川行きだったのでそのまま終点まで乗り通し、京都市交の太秦姉妹のお出迎えを受けたのでした。
今回のお出かけでは、京都で艦これと京都市交がコラボしたスタンプラリーをやっているとのことでチャレンジした次第です。地下鉄の京都市役所前・烏丸四条・太秦天神川太秦映画村・イオンモール京都の5か所のスタンプで吹雪ちゃんの缶バッジがもらえる算段です。普通に地下鉄各駅を巡る分にはいいのですが、いかんせん太秦映画村が中に入らないとスタンプが押せないという鬼仕様なのは…。

…って、行っちゃったけどね(笑)。シルバーウィーク最中のぼっち入場という痛さでしたが、初めての映画村を楽しんだのでした。天下の東映が絡んでいるだけあって、アニメ・特撮方面の展示も多くありました。仮面ライダーや特撮ヒーローの展示は、ウチらの世代にはグッとくるものがありそうです。

吉原遊郭と聞いたら行かざるを得ませんね(大人向け呑み屋部の一員的な意味で)。

で、肝心の艦これの展示ですが、六駆の皆さん・吹雪・加賀・赤城・大和・陸奥長門のPOPとBDのジャケットイラスト・キャラの設定画が展示されていました。ここのおかげでコスパが下がっているんだから、もうちょっと展示物があってもな〜って思ったのはここだけの秘密ですぞ。
スタンプラリーの方は後述の嵯峨野観光鉄道乗り鉄後にコンプリートして、無事に吹雪ちゃんを嫁に迎えたのでした。

映画村を後にして、続いてトロッコ嵯峨駅へ。お目当ては鉄道むすめの嵯峨野ほづきさんでしたが、駅に着いたらトロッコ亀岡に行く最終列車が有ったので乗ってみることに。何気に初乗車です。

DE10を京都方にしてトロッコ客車五両を従え、トロッコ亀岡に向かいます。…っていうか、トロッコ嵯峨駅を出るとトロッコ嵐山駅まで嵯峨野線の本線上を走行するのね…。めったになさそうですが、嵯峨野線がダイヤ乱れのときはどうするんでしょう?トロッコ嵐山駅は京都方の4両分(機関車含む)しかなく、前2両はトンネルに突っ込んだ状態で停車します。保津川はここ数日の大雨の影響で水が増していて、急流下りの様相を呈していました。ほぼほぼ満員の車内から渓谷美を楽しんだのでした。

渓谷美を満喫すると終点のトロッコ亀岡駅に到着です。このままトロッコ嵯峨行きに折返し乗車しますが、折り返しの時間が短いので写真を撮るのも一苦労です。帰りの車両はザ・リッチという風通しのいい車両でした。屋根はもちろん側面にも壁やガラスが無い、スースーする車両です。


で、宿への帰り道、浜大津に行く京津線を待っていると東西線の京まふ電車が来るという引きの良さ…。

まずは近江鉄道の鉄むすとの逢瀬

シルバーウィークも終わりに差し掛かった9月24日の午前2時から「西日本萌え奇行2016」が始まりました。東名→名神の従来からあるルートで西へ進み、多賀SAに朝8時ごろに到着したのでした。そこで朝ごはんとスクフェスのイベント消化をしたのち、一つ目の目的地である近江鉄道彦根駅に向かいます。
多賀SAは「ぷらっとパーク」という外と繋がっているサービスエリアになっていて、しかも近江鉄道多賀大社前駅まで歩いて10分ほどという好立地にあります。

滋賀県内でよく見かける飛び出し坊やの看板ですが、多賀町のそれはイメージキャラクターの「たがゆいちゃん」が勤めています。

近江鉄道はオーソドックスな車両でした。多賀大社からの電車が1時間に1本しかないのと、駅からSAの道中が人家のないエリアだったりするので日が暮れると歩きづらいのが玉にキズかと。

彦根駅から歩いてすぐの駐車場が、一つ目の目的地である「近江鉄道ありがとうフェスタ」の会場になっていて、ゲートをくぐると創立120周年を記念して走っている「豊郷あかね」ラッピングバスが展示されていました。8月に来訪した時はタイミングが合わず見れませんでしたが、ここでリベンジを果たすことが出来ました。

鉄道むすめの豊郷あかねさんは駅員さんですが、ミュージアムや夏のイベント電車「ビア電」のお手伝いもこなします。なので、その仕事をしている姿が描かれています。こうやって窓にかかるようにラッピングされていると、恥ずかしいやら嬉しいやら…。

ちはやふる」のラッピングタクシーも展示されていました。普段は大津市内で走行していますが、この日は彦根に出張してきました。しかしまあ、西武グループって言うのは西武鉄道が「あの花」「ここさけ」、伊豆箱根の「ラブライブ!サンシャイン!!」といったようにこの手のコラボが好きですよね(笑)。近江鉄道も「けいおん!」「中二病」「ヤマノススメ」でコラボしてましたからね。そうすることで釣られてホイホイ行ってしまう「駅長さん」がいるんですけどね(爆)
(…といったところで、近江鉄道パートの前半が終わり。後半は本業の鉄道部門のレポをお送ります)
(以下、9月30日に追加しました)
 
続いては、駅を挟んで反対側にある鉄道部門の会場へ。実はこの日、西武鉄道グループと鉄道むすめがコラボした記念切符が発売され、ここ彦根だと西武鉄道伊豆箱根鉄道のもセットで買えるということもあって今回の行程に組み込んだのでした。無事に記念切符のセットを買い求め、あとは会場をブラリ。
近江鉄道といえば、旧型の電気機関車がいることでおなじみですが、車庫内には色こそ水色で鮮やかですがレトロな感じの電気機関車が保存されていました。車両の状態や説明板を見る限りほとんどの機関車が動いてない感じですが、さすがに貨物輸送をやっているわけではないので当然といえば当然ですかね。右の画像はライオンズカラーの新しそうな電車ですが、その実吊り掛け駆動のモーターで走る200形です。「駅長さん」も一度くらいしか乗ったことがありませんが、見た目の新しさの割に吊り掛けモーターの渋い音やら短い車体に大きな集中式クーラーといったゲテモノ的な電車です。

今回久しぶりに近江鉄道彦根口に乗りましたが、西武から来た3000系があちこちに留置されていました。これって部品取り用なのか、はたまた改造して新車として投入するんですかね?現役の車両も元西武で見た目はそっくりとはいえ、けっこう古めの車両が多いですからね。もしかしたら少しずつ変わっていったりして。

ミュージアムの中にも豊郷あかねさんのへっソマークが展示されています。
 
車庫で撮影中に豊郷あかね電車が米原行きで到着したので、車庫から駅停車中の姿を1枚。彦根駅はどういうわけか右側通行になっているので、米原行きが(東海道本線下り方面を基準にして)左側、八日市方面が右側の線路を使っています。この豊郷あかね電車が米原に行って帰って来る頃にちょうど良い頃合いになるので、ホームで待ち構えて写真を撮ったのでした。電車の方はバスと違ってビア電仕様のあかねさんしかいないようです。
で、多賀SAに戻って「しげぴん」号に乗り込み、名神高速をさらに西へ進みます。

西日本萌え奇行2016 1日目

というわけで、コミケの告知を除くとかなりお久しぶりの更新となりました。これからは、お出かけ記録を綴っていければと思っていますので、ひとつよろしくです。

「あげれば98%なサークル」、コミックマーケット90参加情報



当「あげれば98%なサークル」は、来る8月14日(日)に華のお江戸は東京ビックサイトにて行われる「コミックマーケット90」にサークル参加します。お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください!

  1. 配置…8月14日(日)西る−42a「あげれば98%なサークル」
  2. 発行予定(左から“タイトル…ページ数…頒布価格”の順です)
    1. (新刊)なのはさんのお出かけ日誌2016…12p…200円
    2. 出発進行!K.R.T.Girls!…8p…300円
    3. なのはさんのお出かけ日誌…8p…200円
    4. 花咲くいろは×のと鉄道「花いろ車両」メモリーズ…6p…250円
  3. 構内巡回は13時から14時30分頃を予定しています。例のごとく、サークルマスコットの大きななのはさんに店番をしてもらいます。動きがあれば、ツイッターの方でお知らせします
  4. この情報は12月29日現在のものであり、追加・訂正があれば赤字にて修正し、下段に注釈を入れます。



なお、当「あげれば98%なサークル」ですが、今回のコミックマーケット90へのサークル参加をもって活動に一区切りを付けさせて頂くことにいたしました。主な理由としては…、

  1. 取材活動に行く機会の減少と本を作成する時間の確保が難しくなった
  2. サークルマスコットの大きななのはさんに関し、これまでのシリーズで「(魔法少女リリカル)なのは」の冠が付いていたものが、今後放送のアナウンスがあった「なのはViVid」の続編において「なのは」の文字が外れたことで、なのはさんについても一定の役割を果たしたものと判断

…があげられます。

2007年の東京のりもの学会への参加を皮切りに、2011年のLittle "T" Star!からサークルマスコットの大きななのはさんが加わって活動してきました。お隣さんのように大きななのはさんを抱えて全国行脚したわけではありませんが、今年になって大阪と金沢に行けたのはよい思い出になったかと。

「活動に一区切り」というわけで、このままフェードアウトするのか、舌の根も乾かないうちにひょっこり活動再開しているのかわかりませんが、さしあたり約9年ほどお付き合いいただきましてありがとうございました!!

南部の高雄へひとっ飛び

(このエントリーは2月8日にアップしました)

というわけで台湾3日目、ファンシーフロンティア自体は2日目を迎えますが、私たちは高鐡に乗って南部の高雄を目指します。今回は台北市街の板橋と途中の台中にしか止まらない速達の列車に乗ります。約350kmを1時間半で結ぶので、言うなれば「のぞみ」で東京〜名古屋、「はやぶさ」で東京〜仙台に行くような感じです。土曜日午前中の速達列車だけあって指定席を確保していましたが、ほぼ満席で台北駅を発車しました。

この間何度か高鐡に乗ってますが、今回初めて車内販売にチャレンジしてみました。たったコーヒー一杯ですが、英語でオーダーするのにどれだけ勇気がいったことか…(爆)。今回乗った高鐡車両は後期型らしく、テーブルのコップを置く凹みにはカップホルダーが付いてました。そんな揺れるわけでもないし、凹みがあればそれで良さそうですが…。今回高鉄で車内販売チャレンジをしたので、今度は台鐡でもと思いますが、あっちは完全に中国語じゃないと通じない予感…。
ちなみにコーヒーは1杯40元(≒150円くらい)で、ちょっとしたスイーツとのセット(70元≒260円くらい)も有ります。座席にはメニューが掲載されている車内誌があるので、いざとなればそのページを指さしながらでも買えるでしょう・
(といったところで、とりあえずここまで。続きはのちほど)